fbpx

よくあるご相談

お客様から頂いた嬉しい言葉と厳しい言葉

更新日:

お客様からよく頂くうれしいお言葉

○専門的なことは全て任せられたので楽でした。

保険申請はとても専門性が要求されるので、ご自身でやるととても大変ですし、折角申請しても通らないケースも多く報告されています。その点、サポートを使うことで、全くの丸投げが可能になりますので、皆さん、「とても楽だった」と言われます。

○まさか認定されるとは思っていなかったので、びっくりしました。

プロの技術が必要とは言え、火災保険も地震保険も使えるものだと思っていない方が殆どですので、実際に認定されるととても驚かれます。

○思いもよらず認定されリフォーム資金になりました。

リフォームを検討されている方は、リフォーム後だと傷がわからなくなってしまい申請出来なくなりますので注意が必要です。もしも、周りでリフォーム(屋根修理、外壁修理)を検討されているかたがいたら、是非弊社をご紹介下さい。

お客様から頂く代表的な残念なお言葉

×保険代理店に相談したら認定されるはずがないと言われたのでやめておきます

保険代理店の方も悪意があって邪魔しているわけではなくて、ただ単に我々のようなサポートの存在をご存知ない場合があります。ただ、代理店の言葉を信じて個人で申請して失敗するケースは決して少なくありません。

私たちとしては、代理店に相談されると否定的な意見を言われることがあることを予めお伝えしておくことで、少しでもこのような事態を回避出来るのではないかと考えています。

×保険は知人から入ったものなので、申し訳ないのでやめておきます

保険請求は、被保険者の守られた権利であり、保険を請求することは、決して保険会社や代理店に対する敵対行為ではありません。また、弊社はあくまでも適正な申請を心がけていますので、ご心配されるような、気まずい雰囲気になることもありません。弊社は保険会社様とも良好な関係を築いておりますのでご安心下さい。

×成功報酬の支払いがもったいないので自分でやります

このケースでは、代理店に相談され、報酬を払うなんてもったいないと言われて、ご自身でやられたようです。このようなケースはときどき発生しますが、信頼してもらえなかったのはこちらの力不足です。後日談を聞きますと、認定されないケースが多いので、なおさら悔やまれます。

×家族を説得できませんでした。残念ですが断念します

説明を聞いた方の殆どは、はじめて聞く話で、そんな都合のいい話はないと半信半疑の方が多くおられます。ですから、例え、私たちがご説明した人は理解できても、その方が、決定権がある方への説明をされるときに、上手に説明できないことがあります。説明を委ねるのではなくて、あらためて決定権のある方へ直接ご説明させて頂くなどの配慮をすべきでした。

-よくあるご相談

Copyright© 建物損壊認定サポートサービス , 2019 All Rights Reserved.