fbpx

外壁修理 屋根修理

大阪府狭山市のT様。築50弱鉄骨アパートの雨漏り補修の資金繰りでご相談。30万円。

投稿日:

経緯

雨漏りがするので保険請求できないかとの相談を受けた案件です。

調査と申請

調査の結果、鉄骨造りは火災保険が下りにくいということ、さらに築50弱であり経年劣化として判断される可能性が高く、火災保険の適用は困難だと判断。一方、T様は地震保険にも入られていたため、そちらも併せて調査させて頂きました。その結果、2018年の大阪北部地震による傷が複数確認されたため、申請のサポートをさせて頂きました。

結果とお客様の声

申請の結果、無事、30万円が認定されました。

T様からは、「まさか、そんな裏技があるとは思いもよりませんでした。おかげで雨漏り補修費が手に入りました。本当にすごい!」と驚嘆して頂きました。

T様は、当初、雨漏り=火災保険 ということで、どうしたら火災保険を通せるかばかり考えておられたようですが、弊社はあくまでも、建物の損傷の程度から最大限保険金を獲得し、その使い道はオーナー様に委ねていますので、今回も同じように運用しただけです。

-外壁修理, 屋根修理
-, ,

Copyright© 建物損壊認定サポートサービス , 2019 All Rights Reserved.